キャッシング申込みの審査で借入れの限度額が決まる基準は?

キャッシング申込みの審査で借入れの限度額が決まる基準は?

 

キャッシングやカードローンの借り入れ限度額、出来れば大きな金額で設定をお願いしたいですよね。

 

借り入れ限度額は、
@申し込みをした時のスコアリング点数で決定

 

A年収で決定

 

B長期間使うことによる信用の蓄積で決定
の3パターンになります。

 

借り入れ限度額の決定プロセスについて解説します。

 

・スコアリング点数で借り入れ限度額が決定

スコアリングは審査の合否だけではなく、借り入れ限度額の数値を出力する事も可能です。

 

スコアリングによって、何万円まで貸せるかが判別されているわけです。

 

スコアリング点数をよくするように努力しましょう。

 

・年収で借り入れ限度額が決定

消費者金融には総量規制、銀行キャッシングには業界団体の自主規制ルールがあり、年収の2?3分の1以上の貸し出しは行いません。

 

年収に対して過度の申し込みをしても、審査で少なくされる事になります。

 

自身がいくら借りているか、年収をキチンと把握して、総量規制や業界団体の自主ルールでの目安を把握しましょう。

 

・長期間の利用で借り入れ限度額が決定

総量規制一杯に申し込んでも、最初のうちは断られる事が多くあります。

 

『お金を借りて、キチンと返済できている』という実績による借り入れ限度額の増額により、はじめて総量規制の限度額に近くなるのです。

 

同じ貸金業者を長く利用すると、信用が蓄積されていきます。

 

また、別の貸金業者を選択すると、総量規制の限界まで借りる事が出来る場合もあるので、どちらにするかは状況に合わせ検討してください。

 

借り入れ限度額は、スコアリング、年収、信用で決まります。

 

それぞれを良化するように努力してください。

 
トップへ戻る